September 24, 2011

 おまえら買ってくださいってのも懐かしい……何年前だよ。
 それはともかく、今回エロネタ。一応、以降はトップから隠します。18歳以上の良識ない大人の皆様は、「続きを読む」をクリックして読んでね。



つことで、サガノヘルマー先生の新刊『牝奴隷の園 PURPLE BRAIN』が出た〜! 成年誌で連載中の漫画ですが、以前、『週刊ヤングマガジン』でやってた『BLACK BRAIN』(以下『BB』)の続編ですよ! まさかこんなもんが読めるとは、長生きするもんだな!

 もう『BB』も15年以上前の漫画なので少々説明しますと……
平凡な童貞高校生だった主人公は、ある日突然、他人の心の中に入り込み、相手の身体イメージを狂わせる攻撃能力を身に付けた。それは人類が無事に進化を遂げるように未来人が与えた超能力であった。主人公は未来人とコンタクトを取りつつ、ヒトの正しい進化の妨げとなるモノたちと戦う日々が始まった
 てな感じか? まあ、この「ヒトの正しい進化」ってのは、未来人にとって都合のいい進化なわけですが。
 でも、このあらすじだと、けっこうまっとうな漫画に見えそうですが、実は真逆で、エロ、グロ、人体改造(超爆乳とか)、残酷描写、いかがわしい新興宗教ネタのオンパレードです。
 未来世界のイメージも独特。漫画に描かれる前、妄想に妄想を重ねて作られた世界観設定があるみたい。メカメカしくない、肉肉しい、つゆだくな感じの未来です。

 もしも、「これ、狂人が描いたんだって」と言われたら、余裕で信じます。ホメ言葉だよ!
 発想が常人離れしてるつーか、なんかおかしいです。だからこそ一度ハマると離れられない魅力があるわけですが。

 あ、ご本人は一度だけ講談社のパーティで挨拶を交わしたことがありますが、ごく普通の方っぽかった。
 なをさんのファンだという方が「サインください」と声をかけてくれたんですが、話を聞いたら彼はヘルマー先生のアシスタントだという。で、「こちらがヘルマー先生です」と紹介してくれた。
「い、い、いつも読んでますぅ〜!」とかご挨拶しつつ、「わー、この人があんな狂った漫画を描いてるのかー」って観察しちったw。もちろんホメてるんだよ、これは! 

 で、ヘルマー先生、今はエロで描いてることは知ってたんですが、『BB』の続編を描いてることを知ったのは劇画ウルフさんのなめくじ長屋奇考録のおかげ。

なめくじ長屋奇考録 「マガジン・ウォーウルフ」ってエロ本を何の気なくペラペラとめくっていたらすげえもん発見したからお前ら小便垂らすなよ!?

 ほんとに小便垂らしそうになったけど、一生懸命我慢したよ。オイラはあんまし前情報入れたくなかったので、劇画ウルフさんのレビューは見なかったんですが、前情報入れてもなんにも問題なかったかなw。

 昨日単行本を買って、実はまだ1話めしか読んでないんですが、基本的に『BB』そのまんまな感じでした。まあ、成年誌なので、もうしょっぱなからオナニーしたり(女が)、ハメまくったりしてますし、ちんぽもまんこもちゃんと描いてありますですが。
 やっぱり、未来人が現代人に攻撃能力を与えるところは同じですが、主役が若い人妻になりました。
(2011/9/25 5:15追記・いま、全部読んじゃったけど、おもしろかったよおおお! コレは読むべき! 久しぶりにヘルマーな異世界にどっぷり浸からしてもらいました。成年向けだからもちろんエロ表現はあるけど、あんまエロく感じないのがいいのか悪いのかw。もちろん、オイラにはこれでいいんだけど)

 で、ちょっと調べてたら、サガノヘルマー先生、オフィシャルサイトができてたんですな。
サガノヘルマー Official Fan Site
 運営されてるのはファンの方のようです。で、こちらの作品リストを拝見するに、もう数冊は単行本出せそうなくらい原稿がたまってるじゃないですか! これは、読みたいぞ〜! 
 今回の『PURPLE BRAIN』、前単行本の『同窓れいど』の売り上げがよければ、残りも単行本になるかも知れないよ!
18歳以上の狂人性を忘れたくない大人は、ぜひ買ってください〜!

牝奴隷の園PURPLE BRAIN (ウォー!コミックス)
クチコミを見る

同窓れいど (サンコミックエックス)
クチコミを見る



 おまけ。
S-P1000004
 オイラが『PURPLE BRAIN』を買った高円寺のAYUMIブックスです。昨日の時点でまだ1冊残ってたよー! まだあるかな? 近所の人、急げ!
 本屋さんで写真撮るのはルール違反ですが、どうしても撮りたかった。だって、隣に『COMICリュウ』のケモナーアンソロ、『けもも』があってワロタから。これは成年コミックと違うよな?w


おまけ2。
 こんな最後まで読んでくれてありがとう〜! きっと君はヘルマー先生の大ファンであろう。ということで、レア画像(と思われるもの)でも見ていってください。
 ある日、なをさんが雑誌のページを開いて指し示しながら、こんなことを言ってきたのです。


「これは資料として買ったエロ本だが(うそくさい)、どうもサガノヘルマー先生と思われる人がイラスト描いてる。なんか『BB』を読んだときに見たことある絵だと思ったんだ」

 と、見てみると、確かにこの絵はヘルマー節が炸裂しとるぞ!?
S-P1000009
 ほかに2枚ありました。時期的にはデビュー直前、YMの新人漫画賞大賞受賞作の『四千年事情』が掲載されるころ……ですかね。
 イラスト描いた人の名前はクレジットされてなくて、イラストに入ってるサインの名前もサガノヘルマーではなかったので、ご本人かどうかはわかりません。でも、たぶんそうじゃないかな?

Posted by oomeshi (23:42)

トラックバックURL